寝て起きたら九州!?「フェリーさんふらわあ」に乗ってみた

皆さんは「フェリーさんふらわあ」をご存知でしょうか?

関西、九州にお住いの方なら馴染みがある名前かもしれませんが、関西と九州を結ぶ航路を運航している客船です。最近よく電車で「さんふらわあの弾丸フェリー」というような広告を見かけますが、実際に乗ったことのある方は少ないのでは?

という訳で今回はそんな「フェリーさんふらわあ」に実際に乗船し、体感してきました。


<スポンサーリンク>



「フェリーさんふらわあ」の航路

まず簡単にフェリーさんふらわあの紹介から。

現在運航している「さんふらわあ」の航路は、3つあります。船の数は全部で6隻だそう。船体に赤い太陽のマークが特徴的ですね。
①神戸港(六甲アイランド)~大分港

②大阪南港~別府港(大分県)

③大阪南港~志布志港(鹿児島県)

今回乗船したのは③の大阪南港→志布志港の航路です。

さんふらわあ大阪南港乗り場へ

まず大阪南港乗り場へのアクセスは大阪駅からJR線と市営中央線とニュートラムを乗り継いで約30分、トレードセンター前駅まで向かいます。今回は時間があったので途中のコスモスクエア駅から歩いて(約15分)乗り場まで向かいましたが、荷物の事を考えるとトレードセンター前駅までトラムで向かったほうが良い気がします。

トレードセンター前駅からチケット売り場まではACTという建物の中を通って向かいます。チケット売り場までは歩いて3分ほどでした。

トレードセンター前駅改札を出てすぐ左に曲がります

エスカレーターを下ります

道なりに行くとACTのインフォメーションセンター前を通過

チケット売り場が見えてきました

入口に昼間から酔っ払いのおじさんがウロウロしている。とても南港らしい風景のひとつ。

チケット売り場にてネットで購入済みの画面を印刷して見せるとチケットをもらえます。予約番号があったので、印刷して持って行かなくても大丈夫だと思います。

次回から使えるアップグレード券ももらえました(たまたま?)

発券所には待合室もあるよ

発券所近くには待合室やローソン、1000円カットやファミレスなどもあり、待ち時間を有効に使う事が出来そうです。夕方の出港ということもあり、途中に夕食用弁当を売っている出店もありました。

待合室のさらに奥へ進むと乗船ターミナル行きバス乗り場があります。現在、志布志行きは第2ターミナルから出港となるため、無料バスにて移動し乗船します。(バス移動と言っても目と鼻の先ですが。。。)

待合室にはちゃんと無料送迎バスの案内放送も流れるので安心です。原則、徒歩での移動は不可だそう。ギリギリに着くと送迎バスに間に合わずフェリーに乗れない可能性もあるので注意が必要です。

チケット売り場前の待合室

乗船口までの通路。ここを通って送迎バス乗り場へ

通路①

エレベーターで1階のバス乗り場へ

送迎バスで第2ターミナルへ向かいます

新築の第2ターミナル

完成したばかりですごくキレイです

さんふらわあ乗船

さて、いよいよさんふらわあに乗船です。

乗船口、外見は少し古い印象。

乗船口から長いエスカレーターを上るとエントランスに到着。6階がロビーです。8階まで吹き抜けになっています。

ゲームコーナー。薄暗くて、ちょっと不気味

自販機コーナー。アルコール類もありました。

給湯室。水道も使えます

大浴場。男女とも6階にありました。

各階にコインロッカーもあります

嬉しい返金制

船内マップ。6階~8階が利用できるフロアです。

充実した船内設備に納得

船内は様々な設備があります。

出港前はみんなテンションも高めで、8割方の乗客がすでに飲んでます。僕も負けずに飲みます。客層としては若干高めの印象を受けました。トラック運転手が2割、年金暮らしであろう老夫婦が3割、ツーリング客が2割、ツアーの団体客が2割、その他が2割。外国人客は1家族しか見かけませんでした。

食事は、レストランで食べる人や、購入したものを客室&休憩スペースで食べる人とに分かれていました。レストランの場合は、夕朝食ともバイキングでした。席数は十分すぎるぐらいあるので心配不要です。レストラン内にも自販機があり、持ち込みできるのは嬉しいシステムです。レストラン以外で食べる人は、売店でも購入できますが、事前に購入しておいた方が種類は豊富でしょう。グループ客で大部屋を貸し切っているグループもあったので、そういう使い方もできそうです。

出港前にドラが鳴らされます。音が大きくてちょっとビビる笑

売店もあります

関西&九州のお土産コーナー

オリジナルグッズも販売中

ベンチスペースも多少あります

一番安いツーリストクラス。雑魚寝です。

8階には食堂もあります。

券売機

8階デッキ

意外に出られる外にスペースは狭い

雨なので誰も外に出てませんでした

2018年新造船情報

多目的ホールで星空教室なんかもやってます

星空教室の様子。雨の日は屋内で実施。

休憩スペースとしても利用できます。

フロント横の貴重品ボックス

大浴場

思ってた以上に広い

波の高い日は流れるプール状態です。

ターミナル変更のお知らせ

レストランの様子

ドリンクコーナーも充実しています

朝食バイキング

和洋のバイキングでした

レストラン内自販機

席数は十分確保されています

まとめ

後々知ったのですが、2018年に新造船デビューをするらしく、この「きりしま号」情報はあと一年で不要になる様子。まさかの展開。

志布志港へは定刻の30分遅れで到着しました。今回は天候が悪かったので遅れたそうですが、常連客の情報だとけっこう遅れることがあるようです。急ぎの用事がある方は考慮した方が良いかもしれません。ちなみに志布志港から鹿児島市内へは、さんふらわあライナーという高速バス(約2時間)が走っており、今回は無料キャンペーン中でした。事前予約が必要ですのでお忘れなく。

船に揺られて朝起きたら九州。

新幹線や飛行機で行くのも早くて快適で良いですが、たまにはゆっくりと船旅を楽しんでみてはいかがですか?

今回利用したのは大阪南港→志布志港の航路でしたが、他の航路も乗ってみたいなと感じました。

もっと詳しい船の乗船場所やスペック、料金などの情報はさんふらわあHPをご覧ください。

<スポンサーリンク>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする