日本酒の杉玉の起源!大神(おおみわ)神社の魅力をご紹介!

日本三大そうめんの「三輪そうめん」でも有名な奈良県の桜井市三輪、そこに鎮座する大神(おおみわ)神社は、酒好きの方々が見るとテンションがブチ上がる「杉玉(すぎだま)」の起源と言われています。大三輪神社と書いてしまいそうなこの歴史ある神社をご紹介します。


<スポンサーリンク>



杉玉と酒のお話し

大神神社の前に、まずは杉玉と酒のお話から。

酒蔵や酒屋の軒先に吊るされている「杉玉(すぎだま)」。皆さんも一度は酒蔵などでご覧になったことがあるのではないでしょうか?杉玉が吊るされていると、ここは酒屋か酒蔵なんだな~と、一目瞭然。日本ながらの雰囲気もあり、目印にもなっていますね。
そんな杉玉がなぜ酒蔵などの軒先に吊るされているかというと、新酒が出来たよ~!とか、ここは酒屋ですよ~ということを知らせる役割を果たしています。普段皆さんが目にする杉玉は、2枚目の写真の茶色が多いかと思いますが、新酒の時期は青々とした杉玉を見ることが出来ます。

2

参照:SAKE VIVO

1

参照:SAKE VIVO

吊るされたばかりの杉玉はまだ杉の葉の青々しさが残っていますが、やがて枯れて茶色がかってきます。この色の変化が人々に、新酒の熟成の具合を伝えるのです。

日本酒は秋口から冬にかけての寒い時期に仕込みが始まり、2月から3月にかけて製造していきますが、その年の6月30日までの間に出荷されるもののみを新酒と呼びます。一般的に杉玉が緑から茶色に変わるのが夏から秋にかけて、これまたちょうど「ひやおろし」が美味しくなる季節なんですよね~。

とまあ酒の話になると長くなりそうなのでこの辺で笑

本殿が無い神社!?

そんな杉玉の起源、実は今回ご紹介する大神神社に由来しているのです。

大神神社は大和国の一ノ宮、日本最古の神社とも呼ばれています。あれ?前紹介してた石上(いそのかみ)神宮も日本最古じゃなかったっけ??と思われた方。。。細かい話は抜きにしましょう!

玄関口のJR桜井線三輪駅

大神神社までは商店街を抜けていきます

途中にある「一の鳥居」

大鳥居。名前の通りでかい

大鳥居(日本最大)より三輪山を望む

実はこの大神神社、本殿がありません。じゃあどこに御祭神が祀られてるの?って話になりますが、神社の奥にある三輪山という山そのものが御神体になっており、日本古来の宗教観を残す神社となっています。山の下に鳥居と拝殿が建てられ、参拝者は拝殿より三つ鳥居を通して山を眺めて祈るというスタイルです。

山は今でも神域として崇められ、草から木まで全ての伐採が禁止されており、届け出を出さなければ入山も許されません。写真撮影も禁止だそうです。ちょっと変わってるところが一層ありがたみを増しますね。

二の鳥居。ここからいよいよ境内といった雰囲気

駐車場には手作り感満載の案内図

拝殿前の階段。鳥居が変わった形をしています。

酒と卵がお供え物!?

そんな厳粛な雰囲気の神社ではありますが、祀られている主祭神は五穀豊穣や酒造りともかかわりが深い神様です。祀られているのは大物主大神(おおものぬしのおおかみ)という祭神で、その昔大国主神が国づくりに悩んだときに降臨された神であると伝えられています。

やっと杉玉に繋がってきましたね。

大神神社では毎年11月14日に酒祭り、醸造安全祈願祭も行われます。その際、拝殿に杉玉が吊るされ全国から蔵元や杜氏が集まります。さらに境内では参拝者への振る舞い酒などもあり大変な賑わいだとのこと。そしてその杉玉が全国の蔵元に配られて新酒の出来上がりを告げるのです。

鳥居の原型といった感じ。結界を張っているよう。

4代将軍徳川家綱が造営した拝殿。

拝殿の横にある「己の神杉」

御祭神である大物主大神は蛇の神様とも言われ、この杉の根に神の化身である蛇が棲んでいると言われています。そんな蛇の鉱物である「酒」と「たまご」がお供えされています。

パックで卵を持ってきてそのままお供えされる方もいらっしゃいました。

神主さんに聞いたら、この酒と卵はある程度の量になると適宜処分するそう。そりゃそうか笑。後で恥ずかしい質問をしたと嘆きます。卵がいっぱいあって、捨てられるのがもったいない。。。

参拝客が次々と酒と卵をお供えします。

昼食は是非三輪そうめんを!

三輪とえば日本三大そうめんの一つ、三輪そうめん。ということでおススメのお店を一つ。

二の鳥居横にある「森正(もりしょう)」というお店です。日本家屋を改装したようで、とても風情があり、もちろんそうめんも絶品です。冬はにゅうめんもおススメ。奈良名物柿の葉寿司も売ってますよ。大神神社へご参拝の際は是非お立ち寄りください。

森正の外観

盛り付けも凝ってます。

JR奈良駅から三輪駅の途中にあった駅。その名も「京終(きょうばて)」ちょっと気になります。

<スポンサーリンク>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする