願い事のままに叶う!?遠江一宮「事任八幡宮」で願い事をしよう!

静岡県の中でも特にお茶で有名な掛川市。所狭しと並ぶお茶畑の一画、旧街道沿いに事任八幡宮は鎮座しています。

<スポンサーリンク>



「願いことのままに叶う」というありがたい神社として朝廷をはじめとして全国より崇敬され、枕草子にも記載がある由緒正しき神社です。
御祭神は己等乃麻知比売命(ことのまちひめのみこと)という神様。言葉を使って真実を取り結ぶ神様、つまり言霊の神社です。なんと驚くことに、己等乃麻知比売命を祭る神社は全国でもここだけだそうです。

鳥居をくぐる前にまず目を奪われるのは境内にそびえる大楠。


高さ31m、目通り6m、根回り19.3mの大きさで、参拝する人々を温かく包み込むような、とても優しい姿を見ることができます。

大楠の横にある階段を上がると見えてくるのが社殿。「願い事」とは、「願い言」という意味もあるそうで、言葉にすることすべてが叶うとも言われています。良いことも悪いことも…。

社屋の横には、大楠に負けずとも劣らない大杉もそびえたっています。


たくましさのみなぎるこの大杉は昔から「八幡の大杉さん」として親しまれており、また本殿の東奥にあることから、御神木として「東の宮様」と敬われています。

境内には木で作られたベンチもあり、天気の良い日は温かく見守る大楠を見上げながら一休みするのも気持ちが良いですよ。

願い事(言)をそのまま叶えてくれるという事任八幡宮、全国でもここだけにしか祀られていない神様なので、全国の神様が己等乃麻知比売命に願いを伝えに来るとも言われています。言葉にして叶えたい願い事がある方は是非参拝してみてはいかがでしょうか。

近くには国道1号線沿いの道の駅掛川もあるので、参拝後はお買い物で立ち寄るのもおススメです。

<スポンサーリンク>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする