イギリスに行ったら傘をさしてはいけない??

なぜ日本人はそんなに傘をさすのか??


<スポンサーリンク>



先日、イギリス旅行へ行った際に違和感を感じたことがある。みんな、雨が降っているのに全然傘をささないのだ。
確かにヨーロッパの人は傘を使わないとは聞いていたが、まあ本当に傘をささない。わざとかというぐらいに。ずぶ濡れですよあなたと思わずツッコみたくなる。

その日の天気予報は雨のち曇りで、その前後の天気も同じように傘マークがついていたにも関わらず、傘を持っていないようである。
パラパラと降るぐらいなら、傘をさしている方が変な目で見られるような錯覚に陥る。日本なら9割傘をさしている場面でも、ロンドンは9割傘をさしていない。
もちろん、待ち合わせに遅れてきた待ち人も傘をさしていなかった。土砂降りだったのにだ。まあその人はインド人だったけど。

ヨーロッパ人が傘をささなさすぎなのか、日本人が傘をさしすぎなのか、早速調べてみた。

そもそも、ヨーロッパと日本の気候の違いが大きな要因らしい。
ヨーロッパは雨が降ったとしてもすぐにやむし、空気が乾燥しているので濡れてもすぐに乾く。よって雨に濡れてもすぐ乾くから平気。
日本は一度雨が降り出すとしばらくの間降り続き、おまけに湿度も高い。よって雨に濡れると濡れたままで気持ち悪い。

国民性も作用していそうである。
ヨーロッパの人々は大雑把で、細かいことを気にしないタイプが多いので雨に多少濡れても平気。
日本人は几帳面で、細かいことを気にするタイプが多いので、雨に濡れるのが嫌。
では同じヨーロッパでも日本人に気質が近いドイツ人は?などと考えてしますが、調べるのがめんどくさいからやめておこう。

お国も違えば傘事情も違う。ヨーロッパの傘に係る企業は日本に進出すべきである。

<スポンサーリンク>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする