ヒラメの座布団級って、何cm以上??

先日、魚突きに行ったら60cmのヒラメが突けました。

そこでふと、「よく座布団級とか言うけど、どの大きさ以上を座布団って言うんだろう?」という疑問が。気になったので調べてみました。

突いた時の動画はこちら↓


<スポンサーリンク>




そもそもヒラメは出世魚??

ヒラメって、座布団・ソゲとか別の言い方をするってことは、ブリやスズキと同じ出世魚なんでしょうか?あんまりヒラメが出世魚って話は聞いたことがないけど。。。

ん?そもそも出世魚って??何となくは知ってますが、詳しくはよく知らん。

ってことで、出世魚についてちょっと調べてみました。

出世魚とは??

出世魚とは成長と共に名前が変わる魚の総称で、昔の武士が元服や出世と共に名前を変えたことに由来しています。(例えば徳川家康は竹千代→松平元信→松平元康→松平家康→徳川家康)

出世魚は縁起のよいものとして扱われ、端午の節句や正月などめでたい席や門出を祝う席で料理されています。

出世魚の代表的なものは、ブリ(鰤)、スズキ(鱸)、ボラ(鯔)などです。

あまり知られてない魚で言うと、マグロ、アユ、鮭、ウナギなども出世魚ということが判明。出世魚も奥が深いんですね~。

ここで魚突きの対象魚となる代表格を2つ。

①ブリ(鰤)は、

35cm以上のものをツバス(関東ではワカシ)

36cm~60cmのものをハマチ(関東ではイナダ)

61cm~80cmのものをメジロ(関東ではワラサ)

80cm以上のものをブリと呼びます。

②スズキは、地方によって定義や呼び方が多少変わりますが、

幼魚はコッパ

15cm以下はハクラ

20cmぐらい~30cmぐらいのものをセイゴ

40cmぐらい~60cmのものをハネ(関東ではフッコ)

61cm以上のものをスズキと呼ぶそう。

100cm以上になると、関東ではオオタロウになるんだって。名前がカワイイ笑

とまあ話が本題からだいぶ逸れましたが、どうやらヒラメは出世魚ではないようです。座布団とかソゲとかは釣り人の間で使われている俗称で、明確に「ここからが座布団!」とかの定義は無い様子。

まてよ、そもそも「座布団」とひとえに言っても色々種類があるよな??ってことでちょっと座布団についても調べてみました。

座布団の種類

出世魚と同じく、座布団の世界もかなり奥が深いようなので、ちょっとさわりだけ。

座布団にも細かく規格やサイズが分けられていて、

・小座布団(こざぶとん)横40~50cm、縦40~50cm

・茶席判(ちゃせきばん)横43cm、縦47cm

・木綿判(もめんばん)横51cm、縦55cm

・銘仙判(めいせんばん)横55cm、縦59cm

・八端判(はったんばん)横59cm、縦63cm

・緞子判(どんすばん)横63cm、縦68cm

・夫婦判(めおとばん)横67cm、縦72cm

とまあ、いろんな種類の座布団が存在していますね。

一般の家庭で使われている座布団は「銘仙判」で、いわゆる団地サイズ。

ちなみに大相撲で飛ばされている座布団は一般家庭で使われているサイズより2まわり小さい「茶席判」サイズだそうです。

落語家が使う座布団は、「夫婦判」サイズ。婚礼などで使われるサイズでもある。

山田君が持ってく座布団は夫婦サイズの進化バージョンらしい。

そろそろ本題に戻ろう。。。

座布団サイズのヒラメとは??

実際の座布団サイズを調べながら、ヒラメの座布団規格を調べてたんですが、なんか正解があんまり見えない笑。

地方や釣り人、漁師によって言い方が違うようですが、総称するとこんな感じになりました。

・幼魚~40cm未満のものをソゲ

・41cm~59cmのものをヒラメ

・60cm~69cmのものを小座布団

・70cm~89cmのものを座布団

・90cm以上のものを大座布団

・メーター越えのものを畳

!?

畳!?

いつか畳を突きたいな。

<スポンサーリンク>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする